ホテルマンのシエスタより



BAR

バー



今から数十年前、ホテルのバーに配属なって数百種類の酒が並ぶカウンターバックを見た時、,なんて綺麗なんだろうと思いました。ともかく毎日1本つづ名前を覚える事が楽しみでした。ある日、練習にカクテルを作っている時、レシピを間違えたので先輩に見えないようにソッと捨てたのが見つかってしまいました。「こら~!この酒は遠くスコットランドで何年もジッと静かに熟成し、何人もの人たちの手を借りて今ここにあるんだぞ。酒がかわいそうじゃないか。しばらく瓶を持って中をみていろ。」とおこられました。今はお酒の中に色々なものが見えるようになりました。

ある日、一人の男性がカウンターにすわり、一部壊れている壁をしばらく見つめて「この壁、10年前と同じだな。ここで海外に行く事を決心したんだよな。この壁を見ているとあの時を思い出すな」と言って懐かしそうにウィウキーのオンザ・ロックを飲んでいました。

右上はトムクルーズのカクテル。DVDを見た時、わ~アメリカだ。かっこ良いなと思っていると、正月の隠し芸で堺正章さんが演じ感動した事を思い出しました。映画では数十種類のカクテルが登場します。
また、リッツカールトン東京では、ダイヤモンド入りの超高級カクテル(1杯180万円)を発表し話題となりました。

あと、映画、カサブランカの中で、ハンフリーボガードがイングリットバーグマンにシャンパンカクテルを片手に、「君の瞳に乾杯」と言って飲んだシーンが思い出されます。 Here's looking at you,kid➝ クリック
そして、あの有名な007(ジェームズ・ボンド)も忘れてはいけません➝ クリック

ホテルの色々なセクションを経験し、接客面で一番勉強になったのはバーでの経験でした。どんな事をしたらお客様が感動するか。どんな事が相手を不快にさせるか。どうしたらお客様と長く良い関係を維持できるか。これは経験によって身に付きます。そしてそれはサービス全般に応用出来ます。これからバーテンダーを目指す人たち。貴方達にはすばらしい未来があります。がんばってください。


そういえば、先輩が専門学校でバーテンダーの講師をしていたこともあり、たまに臨時で生徒に教えたことがあります。


お薦めカクテル
私の好きなカクテルを作ってみました。
ドライマティーニ マンハッタン サイドカー ジン&トニック
●ドライジン ・・・・4/4
●ドライベルモット・・少々
オリーブ
レモンピール

カクテルの王様と呼ばれている世界的なカクテル。辛口でハードな男性向き。007のジェームボンドはウォッカマティーニをシェークしたものを好む。

最近はタンカレージンで飲んでいます。
●ライウィスキー・45ml
●スウィートヘルモット・・15ml
ア・ビタース ・・・1dash
レモンピール

カクテルの女王。マンハッタンとは酔っぱらいの意味。オランダ人に酒を飲まされマンハッタン島を法外な安い値段で売り渡したインデアンが俺はマンハッタン(泥酔)だったと言った。その時の売価はたったの45ドル
●ブランデー  ・・・30ml
●コアントロー ・・15ml
●レモンジュース・・15ml

甘酸っぱくさわやか。このカクテルはバーテンダーのシェークの腕次第で味がかわります。ベースを換えれば別のカクテルになる。★ジン=ホワイトレディ★ウォッカ=バラライカ★
ラム=xyz
この三つの味バランスはカクテルの基本かも
ジン  ・・・45ml
●トニックウオーター・・適量
●ライム  ・・・1/4個

トニックはキニーネ(キナの樹脂のエキス)を配合した無色のタンサン飲料。マラリアよけに飲まれていたものにイギリス人がジンを入れて飲んだ。
個人的にはトニックはシュエップスが好みです
ダイキリ マルガリータ モスコーミュール アレキサンダー
●ラム(ライト)・・・45ml   
●ライムジュース・・・15ml
シュガーシロップ ・・1tsp


ラムカクテルの名作。キューバ生まれ。かの文豪ヘミングウェイはシャーベット状のフローズンダイキリをWで飲んでいた。
●テキーラ  ・・30ml
●コアントロー・・・15ml
●ライムジュース ・・・15ml
スノースタイル(ソルト)

ナショナルカクテルコンテスト1949の入選作。メキシコ娘と恋に落ちた彼は二人で狩りに出かけ他人の流れ玉に当たって亡くなる。彼女を偲んで作ったカクテル。
塩の合う酒は、日本酒の樽酒とテキーラ。気分はメキシカンで
●ウォッカ     ・・・45ml
●ライムジュース ・・・15ml
●ジンジャーエール・・・適量
●ライム          ・・・1/4


モスクワのラバの事。後足で蹴るラバと強い酒をキックがある事掛け合わせた。
飲みやすく後で効いてきます
ジンジャーエールはカナダドライが合うようです。
●ブランデー  ・・・30m
●クレームドカカオ     ・・・15m
●生クリーム ・・・15ml
ナツメッグは好みで

イギリス国王エドワード7世のアレクサンドラ王妃に捧げたカクテル。いつのまにか男性になっていた。昔、日本人は生クリームに慣れていないのでナツメッグで臭いを消した。外国ではナツメッグは入れない
女性向きのチョコレ
ート



レシピは



写真をクリック
                    <ホットカクテル紹介>

メンバース倶楽部 ”力車” 風 
《 カフェ デアブル 》


このカクテルは、私がホテルのメンバーズクラブの支配人をしてる時、お客様の前でよくつくっていました。

クラブのメンバーは、実業家や国会議員、医者、弁護士、芸能、スポーツ関係と多彩で、このカクテルは特に人気がありました。(^_^)v

←左の写真はテニス焼けで顔が真っ黒です。(/_\)  ※その頃→クリック



●外部リンク 大人のバーの作法