ホテルマンのシエスタ


<< Gamble >>

  
   ウィキペディア <カジノ> 

世界一のギャンブル大国は日本。 博打の年間売り上げは、なんと30兆円

パチンコ=19.4兆円 / 競馬=3.3兆円 / 競輪=6800億円 / 競艇=9000億円 / 宝くじ=9000億円

6年前、民主党(民進党)から提案された 統合型リゾート(IR)法案 通常カジノ法案が今国会で採決されそうだが、なぜか提案者の民進党が反対・・で、もめている。
でもそれって・・?


では、ここで質問。

世界最大のギャンブルは何んですか?

それは
パチンコです。

      
    ウィキペディア <パチンコ>


パチンコの2010年の売上高は、なんと19兆4000億円。
1年で、19兆4000億円のお金が動く業界、それがパチンコ業界です。

たとえば、世界最大のカジノ都市であるマカオの年間売上は、2兆6800億円、二番手のラスベガスの年間売上は、5280億円です。


パチンコ・・・19兆4000億円

マカオ・・・  2兆6800億円
ラスベガス・・・ 5280億円
ーーーーーーーーーーーーーーーー
カジノ合計 3兆2080億円


圧倒的ですね。

パチンコ業界だけで、マカオ・ラスベガスの6倍以上の売上があります。
要するに、世界のカジノの売り上げをすべて足しても、日本のパチンコ(賭場)の足元にも及ばないのです。

もう既に日本列島全体がラスベガス化していた・・・(/_\; Past sentence


 カジノがどうのこうのというよりも先に、パチンコ依存症をなんとかした方が ・・・

※<TV>クローズアップ現代 パチンコ依存症
 → クリック

※カジノが来ずとも、日本はすでに世界一のギャンブル大国だったクリック

※その他関連ニュースクリック

参)パチンコ店協会の政治分野アドバイザー(民主党37名、自民党11名、公明党3名、無所属2名)


2016.12.05